スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

後半戦に向けて

オールスターも無事終了したことですし、我らがレイカーズの後半戦への展望なんか書いてみようと思います。
とはいってもすでに54試合を消化しており、後半戦開始というにはいささか無理があるかもしれませんが、気持ちを入れかえる機会と考えれば何か大きな変化があるのかもしれませんね。デッドラインも近づいていますし。

現在の戦績は25勝29敗でカンファレンス10位。
プレイオフ進出の条件はカンファレンス8位以内に入ることであり、8位HOUとゲーム差は3.5です。数字だけを見ればまだまだチャンスはあるように見えます。
HOUの勝率は53%であり、このペースのままシーズンを終えると43~45勝ぐらいは堅いでしょう。レイカーズがこれを上回るためには残りの28試合で20勝を・・・あげなけ・・・れ・・ば・・・

無理じゃね?

と、書いていて思いましたが、当然のように厳しい道のりです。
また、HOUの43勝ラインも数字上の計算でしかなくて、他にもいろいろ考慮すべき要素があります。
例えばホームでの試合数、アウェイでの試合数。これはかなり重要な要素で、ホームでの勝率はどのチームも高いですし、チームの勢いがつくのもホームでの試合に勝つことです。
この試合数、HOUは残り27試合中15試合がホームです。逆にここまでは55試合中26試合がホーム。アウェイでの試合のほうが多かったわけです。それでこの勝率ですから、ここからの勝率はさらにあがるでしょう。50勝なんかあげられた際には詰みですが、それではおもしろくないのでこの線はなしとします(勝手)。
さて、LALはというと28試合中14試合。半分ですが、条件的にはほぼ同等・・・・ではないのです。ただでさえギリギリの争いになるわけなので小さな差がきっと我々を泣かせにきます。HOUを蹴落とすためには何が何でもロードで勝たなければならないのです。
そして、アウェイでの試合で必ずと言っていいほど付きまとうのは、いわゆるバック・トゥ・バック、地獄の2連戦です。この2連戦はただでさえアウェイでの試合で消耗するうえ、移動に大きな時間をとられますので休息や練習の時間も満足に取れません。2戦目はどんなチームでも必然的に勝率は落ちるのです。
おじさんだらけのLALにはこの連戦は辛いの一言で、根性でどうにかなるとも思えません。
肝心の連戦の数ですが、これがまた絶望的でHOUは5回、LALは6回・・・。たかが1回と思われるかもしれません、しつこいようですがこの1回が厳しいのです。追いかける立場としてはなおさら。ただでさえHOUは若いエネルギーのあるチームなのに。

HOUのことを考えても仕方ないので、LALのことを考えましょう。
上でも述べた28試合中20勝を仮の目途とします。

HOME=14 AWAY=14

HOMEでの試合相手は、
BOS POR MIN ATL TOR CHI SAC WAS DAL MEM NOH GSW SAS ???
順番も上記の通りです。
一目でわかると思いますが、一つの負けも許されません。全勝狙いです、狙える対戦相手です。この中で正直勝てないかと思うのは・・・まあMEM,SASでしょうが、MEMはトレードで主力を放出し選手層は薄くなっています。(プリンス入っちゃいましたが)
またSASは、ほぼシーズンの終わりでの対戦です。ここまで言えばみなさんもうお察しでしょう。奴らは主力を出してきません・・・・とも言い切れません。普段のSAS,もといポップならダンカンら主力のおじさんは出してこないでしょうが、対戦するときの状態によります。私の希望通りHOU,PORとプレイオフ進出をかけてデッドヒートをすることができたのなら、ポップは選ぶことができます。HOU,POR,LALの中でどのチームが一番楽にプレイオフで戦った際に下せるか・・・当然考えますよね。LALが一番倒しやすいと思ったのならRSでは綺麗に負けてくれると思いますが、そうでない場合は全力でつぶしにくる可能性があります。
実際、プレイオフを争える舞台にLALが立てたとしたら、その場合はチーム状態は大きく回復しているでしょうし、勢いもあるはずです。そんなチームとはプレイオフで戦いたくないと思います。厳しいかもしれませんね、ポップが気にせずに負けてくれればいいのですが。考えたくはないですが、SASのベンチ陣にコロッと負ける可能性も大いにあります。

AWAYでの試合は
DAL DEN OKC NOH ORL ATL IND PHX GSW MIN MIL SAC LAC POR

厳しいです。
さらにこの中には2連戦の2戦目が6つあります。その6つはDEN NOH ATL PHX MIL PORです。
本来アウェイは勝ったり負けたり5分でも万々歳なのですが、それではホームで全勝でもしないとプレイオフにはいけません。よってアウェイでもそれなりに勝ちを得なければならないのです。
DAL=ビッグマン不足の状態で戦うのが不安。若いガード陣の自滅に期待。 W
DEN=無理。連戦2戦目、よってさらに無理。 L
OKC=無理。でも前回ホームで勝ったし、もしかしたら・・・。 L
NOH=勝ちたい、連戦2戦目でも勝ちたい。 W
ORL=負けは許されない。 W
ATL=厳しいが・・・・。 L
IND=厳しい、ロースコアゲームになることが多いので、勝ち目はある。 W
PHX=連戦2戦目だが、負けは絶対に許されない。 W
GSW=根性。 W
MIN=落とせない。 W
MIL=根性。2戦目だからこその根性。 W
SAC=負けたら終わり。 W
LAC=無理・・・いや根性・・・やっぱ無理。 L
POR=デッドヒート最中なら、名勝負になるさ。たぶん負ける。 L

9W5L
この戦績で切り抜けることができたのなら、望みは十分あります。


ホームの話に戻ります。
仮にアウェイを切り抜けたとしても、11W3Lくらいの戦績でないと厳しいです。

BOS=どちらもプレイオフに向けて負けられない伝統の一戦。負けられない。 L
POR=勝てば大きく前進。 W
MIN=安パイ・・のはず。 W
ATL=根性。 W
TOR=ゲイが怖い。 W
CHI=厳しいが、不可能ではない。 W
SAC=負けてるようじゃやってられない。 W
WAS=同上。 W
DAL=なんか負けそう。 L
MEM=ドワイト奮起。 W
NOH=勝たないと。 W
GSW=根性。 W
SAS=いろいろ書いたけど、頑張れ。 W

ここまでで11W2L、こんなに勝てるイメージはまったくと言っていいほど湧きませんが、このラインまで持ってこないとプレイオフは厳しいという現実をそろそろ認識しなければならないでしょう。

・・・え?一戦足りないって?
そうです、上で???と書きましたが、最終戦の相手はHOUです。ホームでHOU戦です。
どうです?ちょっとウハウハしてきませんか。どう考えてもそんな上手くことが運ぶわけないでしょうが、もしかするとプレーオフ進出をかけて最終戦で直接対決なんてのもドラマ性でいえば最高の展開ですよね。
そんな一戦で負けでもしたら立ち直れないですけども。想像するだけなら自由です。

物理的に進出ができなくなるまでは、絶対にあきらめませんよ、私は。
天国のオーナーのためにも、選手たちにも奮起してもらいたいです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ねどばる

Author:ねどばる
いらっしゃいませ。
このブログは、NBAチーム”ロサンゼルス・レイカーズ”を応援している人が、つらつらと気持ちを書いていくものです。
現在低迷中なので、プレーオフ出場を目指して精一杯応援していきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。