スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

vsLAC

最近あまり勝ってるというイメージの無いLACですが、面倒なタイミングでポールとチャウンシーが復帰したようですね。非常に面倒くさい。一気に勝ちの目が薄くなった感じです。
前回の対戦は確か追い上げて追い上げて届かずに僅差で負けるみたいな展開だったと記憶してます。ふむ、今回はどんな展開になるでしょうね。ブロウアウト負けなんてことは避けてほしいです・・・・大丈夫ですよね?

ポール、チャウンシーの切れ者バックコートコンビは恐ろしいとして、フロントコートにも苦手とする身体能力系ゴリラ、デアンドレとグリフィン。ドワイトが頑張るだけでは限界があるので、クラーク、ジェイミソンにも体を張ってもらわないとリバウンドをガツガツとられてしまうことでしょう。また、ブレッドソーやバーンズといったウザいぐらいにリバウンドに飛んでくる虫がいるのも苦しい。一人一人がボックスアウトする意思が大切になってくるでしょう。その辺の指示をしっかりしているんでしょうかねえ、ダントーニは。
せっかく外してくれてるのにオフェンスリバウンドをもぎ取られるのは最もストレスのたまるやられ方・・。さすがに前回の反省があるとは思うのですが・・どうでしょう。

最悪デアンドレにハックを仕掛けるのも作戦の一つかもしれません。それほど勝負どころのポールは脅威ですから。地力では向こうのほうが勝っています。これは仕方のないことですが、そこから勝ってくれるのがLALパワー・・だと信じております。

いかにしてポールを封じるか、これにかかっています。
一対一で抑えられる人材は、正直今のレイカーズにはいません。全盛期のコービーならともかく、今のコービーではスクリーンを使われてしまうとどうにもならない・・・。
ダブルチームはコートビジョンに優れたポールには逆にプレゼントですし、最初からポールを意識しすぎれば他の選手がおろそかになりアシストを量産される可能性も。びゃあ恐ろしい。どうやって勝つんでしょう。

それでもきっと勝ってくれるでしょう。これが終われば少しの間休みです。出し切るつもりでいっていいでしょう、むしろ出し切らなければ勝てないです。頼みますよ。それではまた試合後に----

----------------------------------------------------------------------------------------
LAL 101-125 LAC

ぼろ負け。つまらない試合でした。
スタートでいきなりランをかけられて、13点差ぐらいまでいったのかな。そこからもう駄目か臭もしていたのですが、弱い弱いと言われ続けてきたベンチ陣が意地の奮闘で点差を詰める詰める。
ポール自ら″ネクストウェーブ″と呼ぶ自慢のクリッパーズベンチが相手にも関わらず、圧倒します。
が、スターターが戻ってからは・・・。
セカンドユニットの頑張りに答えられないのが情けなかったです。

コービーは前回の反省からか、アタックとサポートを上手い具合に織り交ぜていて、かなり効果的なオフェンスに見えました。ポストでの1on1でまだまだ点がとれるのが救いですね。アウトサイドは怪我の影響か成功率以前にアテンプト自体が激減しています。ダンクなんかせんでおくれ・・・肘痛いじゃろう・・・。
クラークくんは頑張っています。足が痛いそうですが、若いのでオールスターブレイクで治る・・と思っています。
ナッシュは語るに至らず。シュートが入らない日は誰にでもあるので仕方ないですが、いかんせん試合から消えています。レイカーズが苦しめられたかつてのスティーブ・ナッシュはどこへいったのでしょうか。今日に限ってはもう一人のスティーブのほうが良かったです。
ジェイミソンが輝いていました。ミークスもよかったです。スターターにすればいいのに。泣

さて、ドワイトくんは本当にやる気があるのでしょうか。
気持ちがオールスターに向いちゃってるんでしょうかねえ・・・。脳筋ゴリラのデアンドレにアホみたいに後ろからリバウンドをもぎ取られるんですから、本当にやる気があるのか疑いたくなります。
ポール、バトラーのペネトレイトに対してヘルプに飛んでるうちにポジションをとられてしまうとかならまだしも、しっかりとデアンドレを後ろに抱えた状態でジャンプして、はじいてアウトオブバウンズで相手ボールなんてのが何回もありました。痛みを抱えている人に強くは言えないのはわかっていますが、痛いのを理由にして全力でプレーしない人はファンは許しません。こんなプレイ振りなら、ネッツ戦のパオのほうがはるかにマシでした。ドワイトがいない、ヒルがいない、ビッグマンが自分しかいないのだから、多少痛くてもプレーするしかないといった気迫が見えましたよ、あの時のパオは。
それに、今日の試合が終わればオールスターです。休みです。なので、全力でプレーすることは当たり前です。
なんなんでしょう、ドワイトは試合に勝つことよりもオールスターに自分が出場することのほうが大切なんでしょうか。エンターテイメントを重視するNBAでは「そうだ」という意見も出るのかもしれませんが、オールスターのために試合を怠けるようなやつを、誰もオールスターで見たくないです。コービーはファンのことを第一に考えていて、オールスターに出場することを大切にしていますが、だからといって試合を怠けるようなことは絶対にしません。
ドワイトが最近笑っているのを見ません。現地では、「試合中にヘラヘラしている」だの「集中していない」だの言われたのかもしれません。私は、別に笑っていることには反対も批判もしません、むしろ彼のキャラクター的に笑っていてほしいです。ジェイミソンもたまに笑いますしね。笑っている時のほうがいいプレーもできているような気もしますし。
ですが、今日のようなプレーが続くと無気力にへらへらと笑っている風に見えてきてしまいます。全力で試合に取り組むことが給料をもらっている立場として当然の行いです。それを忘れてしまっているようでは、彼なんかにリングを手に入れる権利はありません。彼にその意思があるのかは不明ですが・・・本当に勝ちたいのでしょうか。ビジネス面でLAに来ただけなのかもしれません。

まあ、醜い愚痴を垂れ流しましたが、今日の負けは正直誰の責任というものではなくてですね、相手のシュートが異様に入ったことが第一の敗因かな・・と。ビラップス、ポール、バトラーのスリーがことごとく決まりました。
ほとんどフリーなんですけどね、ディフェンスが悪かったです。

オールスターを挟んでチームは変わるか、外面的にも、内面的にも。
デッドラインまでに、外面的な部分は変えてほしいですけど。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

僕はサンダーファンなのですが、やっぱりレイカーズには強くあってほしいです。
昨年まではレイカーズを倒すというのがサンダーの目標の一つ(?)でもありましたが、今季のような感じだとライバル対決も盛り上がりません。
ぜひプレーオフでは良い試合がしたいですね^ ^

KCサンダー様

ありがとうございます。当ブログ初コメントいただきました。笑
サンダーもいつの間にか立派な強豪ですね。数年前までは、若くて勢いのある、乗せたら止められない面倒な相手でしたが、今となっては貫禄ある安定感も身に付けてしまいました。
我がレイカーズも優勝を目指す身とあってサンダーは倒さなければならない相手です。まずはあなたたちが確実に立つであろうプレイオフの壇上へ上れるように頑張ります。
よい戦いをしたいです。今のままでは戦うことすらできませんが。

No title

先日はどうもありがとうございました!

私はガソルが好きなので、はよ帰ってきてーという感じです( ;∀;)
ヒルもですが、怪我人が相次ぐとやっぱり寂しいですね。

今後もNBAブロガー同士、一緒にNBAを楽しんでいきましょう!
よろしくおねがいします(╹◡╹)

みゆさん

こちらこそありがとうございました、みゆさん。
本当にNBAは楽しいですよね、記事を書くことが楽しいので、面倒くさがりな私でも続けられそうです。
レイカーズは怪我人続きで寂しい試合も多かったですが、そのおかげ?と言っていいのか新しい選手も出てきてくれました。こういうのもまた嬉しい出来事です。

ありがとうございます、これからも先輩ブロガーとしていろいろ参考にさせていただきますので、よろしくお願いします。

プロフィール

ねどばる

Author:ねどばる
いらっしゃいませ。
このブログは、NBAチーム”ロサンゼルス・レイカーズ”を応援している人が、つらつらと気持ちを書いていくものです。
現在低迷中なので、プレーオフ出場を目指して精一杯応援していきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。