スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

vsPHX

さて、絶対に落とせない試合です。
ここを落とすようでは、プレイオフを本気で目指すには値しないです。
すでに相手のPHXはプレイオフ出場は絶望的であり、モチベーションもそこまで高くないでしょう。そういっては失礼かもしれませんが。
しかし、前回の試合は終盤で逆転されて負けるというなんとも後味の悪い負け方でした。
一概に負けの原因は言い表せませんが、ビーズリーにやられた感じは否めません。どうやってビーズリーを試合から消しておくかが問題ですが、もともと彼はそこまで試合を支配するような選手ではありません。普通の選手が普通にディフェンスすれば、普通に終わるはずです。
レイカーズには、SFに普通じゃない選手がいるので心配です。

前回の試合で、勝負どころの最後でレイアップをはずしてしまったコービー。彼がこのまま終わるわけないので、明日の試合ではきっと試合を支配してくれるでしょう。試合を支配するためには、オープンになった味方がフリーのシュートを決めることが大切です。フリーのシュートはNBA選手であれば決めることが普通ですが、先ほども言った通り普通でない選手がいます。
ドワイト、ジェイミソンにはリング付近での確実なフィニッシュ力を。ナッシュ、ミークスはオープンのロングシュートを望みます。救いのヒーロークラークはあらゆる面での貢献が期待できます。怪我だけはしないでほしいです。

相手のチームについて考えてみると、それなりにバランスのとれたチーム。
開幕前は、そこそこの勝ち星をあげてプレイオフに絡んでくるのではないかとも噂されたロスターです。
突破力、爆発力に優れたPGドラギッチ、ナッシュの控えを卒業してからはプレーメイク力も身に付け、わりと恐ろしい存在です。これをディフェンスするのがナッシュ爺さんなので、さらに心配です。波に乗られてしまえば面倒なので、ディフェンスのローテーションも考えなければならないかもしれません。
玄人好みの渋い選手、ダドリー・・・。彼は目立ちませんが、目立たないのをいいことにじっと待機してフリーのシュートをポスッと決めます。オフボールのマーク相手をおろそかにしてしまう癖のあるコービーは、ダドリーにつくのであれば常に目を張っておくことが大切でしょう。反面、ダドリーは自分で突破するほどのオフェンス力はないので、ドラギッチにコービー、ダドリーにナッシュなんてほうが、案外うまくいくかもしれません。
インサイドの二人、ゴータットとスコラの二人は意外と注意する必要があるかもしれません。いくら怪我もちとはいえハワードがいるので大丈夫かもしれませんが、一応・・・。幸い、二人とも苦手とする運動能力満載のエンジンタイプではないですが、技術が光るスコラなんかに上手いことファウルをとられてファウルトラブルにでもなれば厳しい試合になること間違いなしです。
いろいろありますが、とりあえず前回の負けの反省としてはビーズリーです。彼に好きにさせず、リズムに乗らせなければ、無茶なシュートを連発してくれるので楽な試合運びが可能になるでしょう。とりあえず、メタを彼に付けるのはやめてもらいたい・・・。出すのであれば、せめてスコラにつけてほしいな。出ないのが一番だけど。
とにかく、負けてはいけない試合なので!!
それではまた試合後に――――。



----------------------------------------------------------------------------------------
LAL 91-85 PHX

なんともまあ、ストレスのたまる試合でしたが勝てたので満足するべきなのでしょう。
試合開始からいいペースで試合を進めることができていたので、今日は楽な試合になりそうかなとでも思ったのが失敗でした。3Qはもう地獄。こちらの得点はわずかに9点でした。9点に抑えられたというより、9点しか取れなかったと言ったほうが正しいでしょう。オフェンスはグダグダで中に入り込めず、外から打つだけで、それなりにフリーなのにもかかわらずシュートが入らない・・・。このまま4Qで離されるのではないかと思ってしまうのも仕方がなかったのかもしれません。手離した流れを引き戻せたのは良かったです、できれば手離せないのが一番ですが。
さて、最悪だった3Qのオフェンスですが、原因を一つには絞ることは難しいです。
が、うん、言いたくはないですがこの試合のコービーは最悪でした。前半はパスモードに徹することも多いコービーですが、今日のパスモードは極端すぎるというかあまり効果的ではありませんでした。二桁アシストを連発していたころはきっちりと二人を引き付けてからパスを出していたのに、どうも最近は単純な1対1でもパス優先になっているような気がしますね。相手のチームもそこんとこ研究しているのか、ダブルチームのフェイントなど面倒なことを駆使してきます。相手のディフェンスの形を見て翻弄するのが一流のPGですが、何分本職ではないうえ、急造システムゆえの周りとのかみ合わない感じがなんとも・・・。
肘の状態が関係しているのだとしたら、少し心配ですね。

エースが悪くてもなんとか勝てた原因は、おじさん二人の頑張りが大きかったと思います。
ナッシュは最後のシュートだけでおなかいっぱいです。助かりました。最近は自分で点を取ってくれるので頼りになります。ビッグマンたちはスクリーンをかけにいくことが勝利につながることが分かってきたのではないでしょうか。
ジェイミソンのおかげで勝てる試合が目立つようになってきました。ようやく自分を出せるようになってきたのでしょうか。自分にしかできないことがあるのが自信になっています。あんな気持ち悪いクネクネしたシュートは彼にしか打てません。
二人とも、レイカーとして立派にプレイしています。

メタとブレイクにはたくさん文句を言いたいですが、勝てたので不問とします。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ねどばる

Author:ねどばる
いらっしゃいませ。
このブログは、NBAチーム”ロサンゼルス・レイカーズ”を応援している人が、つらつらと気持ちを書いていくものです。
現在低迷中なので、プレーオフ出場を目指して精一杯応援していきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。