スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

選手紹介PF編

珍しく続けてエントリー。
今ちょうどvsMEMを見てるんですが、見ながらちょっとでも書こうかなと。


さて、PF編です。
PF
①パウ・ガソル
言わずと知れたスペインの英雄で、高さ・スピード・技術・IQなどすべてを兼ね備えたNBAでもトップクラスのビッグマン(過去)。そんな彼も今となってはただの器用なおじさんに成り下がってしまいました。ただ、高さのアドヴァンテージは年をとっても変わりませんし、優勝の経験を持ってるし、消極的に見えてしまうほどアンセルフィッシュなのでエゴの強い選手たちと上手くいくなど、わりと今でもいろいろできるおじさんです。
コービーがいなくなり、今季はパウを起点にしたオフェンスが多くなっています。幸い、彼と同じ器用な部類に入るビッグマンのケイマンを獲得したので、二人で華麗なプレイを見せてくれることを期待しています。
誰が何と言おうと今のチームリーダーはこの人しかいないので、プレイ面以外でもチームを引っ張っていってほしいですね。

②ショーン・ウィリアムス
体格はちょっと細長いナイスガイ。プレイスタイルは最近流行りのストレッチ4です。
【説明しよう!!ストレッチ4とはPF(4番)のポジションで、外角のシュートを得意とし、フロアスペースを広げる役目を持つ選手のことを言うのだ!!チャニング・フライやライアン・アンダーソンがいい例だぞ!!】
と、ちょっと調子に乗ってみましたが、このウィリアムスもストレッチ4の典型で、スマートなシュートフォームがかっこいーいかにもダントーニが好きそうな選手です。序盤こそ出番がありましたが、その体格の弱さから最近は出番があまりないようです。
決してディフェンスが悪いわけではなく、横への動きも素早いので小さい選手にも対応できていました。でも結局は体の強さや高さのミスマッチをつかれ、ザック神とかにぼこぼこにやられてしまうんですよね・・・。
もう少しボリュームアップすれば、ディフェンス面でも頼れる選手になれるかもしれません。

③ライアン・ケリー
なんか顔からトルコの香りがするベンチメンバー。プレイスタイルはこれまたアウトサイドを得意とするストレッチ4・・・ダントーニの好みがすごくわかりますね。同じタイプのウィリアムスがいるせいか、ほとんどプレイタイムはありませんが、ベンチの盛り上げ役としては優秀なんじゃないでしょうか。
NCAAでの優勝経験もあるケリー。プレイタイムさえ貰えればもしかしたら意外な活躍をするのかもしれません。長い目で見てやってください。
――身長は211㎝と意外と高い。

パウは横の動きについていかれない、ウィリアムスはごり押しに対応できない。
スモールラインアップが主流になりそうな昨今、このような体制は間違っていないのかもしれませんが、このディフェンスでは4番で点を取ってくるチームには弱くなりそうです。ザックやラブ、ノヴィなんかもそうですが、4番にエースを置いてるチームは少なくありません。このディフェンスの問題を解決するには、ダントーニのローテーションに期待するしかありません。相手の色に合わせて自分たちの色を変え、場合によってはミスマッチを生かして先手先手で攻めることも効果的になってくるかも・・。とにかく、ダントー二さん頼みますよ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ねどばる

Author:ねどばる
いらっしゃいませ。
このブログは、NBAチーム”ロサンゼルス・レイカーズ”を応援している人が、つらつらと気持ちを書いていくものです。
現在低迷中なので、プレーオフ出場を目指して精一杯応援していきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。