スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

選手紹介SF編

開幕後、なんだかんだあったものの予想通りの勝ったり負けたりを繰り返しているレイカーズ。
ナッシュの引退説がどうのこうの飛び回っていますが、いまさらナッシュを切ったところで新しいPGが入ってくるわけでもないですし、あまり深刻に考えすぎる必要もないかと・・・。
まあ、サラリーキャップの問題で、来季以降の補強のためにナッシュを切るというのなら反対はしませんが。一応NBAのレジェンドであることに違いはないので、相応の終わり方を用意してあげたいですね。

さて、本題に移りますが、今回は選手紹介SF編です。
黄金期のトレバー・アリーザ、ロン・アーテスト、そしてここ数年はメッタさん(ロンとは別人)のおかげで「LALはSFが弱い」と言われ続けてきました。そんな問題だらけのこのポジション、今季はすべて新入りです。

SF
①ウェスリー・ジョンソン
過去3シーズンはMIN、PHXを渡り歩き、運動能力の高さをNBAに知らしめてきたスイングマン。LALでプレイできる喜びを存分にあらわしてくれている可愛いやつです。運動能力は申し分なく、高いジャンプ力でリバウンドやプットバックを決める反面、アウトサイドからのシュート精度に若干の難があり、トレーニングキャンプでも改善されたとは言い難いです。
しかしディフェンス面では素晴らしい動きを見せて(いるように見え)ます。1on1では簡単には抜かせず、ヘルプDでも高い身体能力を生かしてブロックを量産しています。まだまだ伸び盛りの26歳ですし、シュート精度が改善され、自分で仕掛けられるオフェンスを身につければ優れた選手になれる可能性も秘めています。
ただ彼をPFで使うのはどうなのよダントーニさん・・・まあ場合によってはいいんだけどさぁ・・・・。

②ザビエル・ヘンリー
SGで起用されることも多いのですが、一応人数の関係上SF登録でお願いします。
NBA4年目ながらも過去三年はパッとした成績を残すことができなかったサウスポーのスイングマン。今季レイカーズに加入して、一気にブレイクしたような感じです。若くてエネルギーもあり、外角のシュートもそこそこ入る。そして何より自分でアタックを仕掛け、ドライブしてファウルを取ることもできる。順調に成長していけば、もしかしたらコービーの後継者になれるかもしれません。これからに期待したい選手の一人です。
ちょっとフリースロー外しすぎなんだけどね。

③エリアス・ハリス
存在感薄すぎ。なんかいまだにつかめない存在です。
レブロンをレベル100のオールラウンダーとすると、エリアスはレベル5のオールラウンダーって感じです。レブロンと同じ種族っていう保証はないけどね。

若手三人でエネルギッシュに回すポジションなんですけど、ダントーニは比較的スモールなラインナップを使いたがるので、SFに本来Gの選手が入ることもしばしば。まあそれも、絶対的にポジションを守ることができる選手がいないからなんですけどね。若手の成長に期待したいポジションでした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:ねどばる
いらっしゃいませ。
このブログは、NBAチーム”ロサンゼルス・レイカーズ”を応援している人が、つらつらと気持ちを書いていくものです。
現在低迷中なので、プレーオフ出場を目指して精一杯応援していきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。