スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

@HOU 99-98 ブレイク、HOUの地で奇跡を起こすの巻

スティーブ・ブレイクFOOOOOOoooooooooooooooooooo!!!!!!!!!!

残り3.4秒、98-96の2点ビハインドからLALの攻撃、ブレイクのスリーポイントがネットを揺らし、HOUの地は静まり返りました。HOUのラストオフェンスもLALのナイスディフェンスに阻まれ、ハーデンにボールを渡すことすらできずに終了。
HOUの地は静まり返っても、レイカーズベンチと画面の前の私は大はしゃぎでしたけどね。

昨季、怪我に苦しみはしたものの、一応レイカーズの一員として最後までチームに貢献したドワイト・ハワード。(なんか最後退場とかしてたけど)
そんな彼が自らの新天地に選んだのがヒューストン・ロケッツでした。昨季は8位でプレイオフに進出し、一回戦で敗退するも第一シードのサンダーを苦しめ、ハーデンをはじめ有望な若手を多々要するこのロケッツというチーム、ハワードが選んだのは間違いではないと思います。
うんうん・・・・まあそんなことはどうでもよくて、とりあえず今はハワードが憎たらしくて仕方がないのです。笑
LALファンの皆様の大半は、ハワードについては割り切っている方が多いとは思います。私も絶対に出ていかないでくれとまでは思いませんでしたが、コービー引退後のLALを背負っていってくれるとは思っていたので、こんなに簡単にチームを捨てた野郎を許せるはずがないのです。(ただの妬みですよ)

そんな野郎との初対戦、ぶっちゃけ分は悪いと踏んでいました。しかし、天が味方してくれたのか(選手に失礼ですが)、序盤からシュートが入る入る。良くも悪くもジャンプシュート偏重型になってしまった今のLALは、とにかくシュートが入らなければ試合になりません。俗にいう「逆に言うとシュートが入れば――」みたいな感じで1Qが終われば36-19と大当たり状態。
超攻撃型で知られているHOUにとって19点は少ないかもしれませんが、これもLALのディフェンスというよりはHOUのシュートが入らなかったように思えます。
とまあ、上手くいくのは案の定ここまででして、2Q、3Qと苦しい時間帯が続きます。そして4Qで逆転され、さらに離されかけたところで「今日は終わりですな・・」と誰もがPCをそっ閉じしかけたかと思います。しかしLALは要所要所で得点を決め、リードはされながらも必死に食いついていきます。それが最後のブレイクの逆転スリーにつながったわけですね。

今日のヒーローのブレイクなんですが、1Qの大量リードを牽引した後、2Q3Qとぱったりと消えてしまい、最後の最後で爆発したという感じです。ディフェンスではハーデンにぼこぼこにされていましたし、最後のシュートがなければ今日の戦犯は彼だったかもしれませんね。
どんどん存在感が薄くなっていった彼に、最後のプレーでシュートを打たせたダントーニさんはどんな思いだったのでしょうか。「ダントーニはブレイクを贔屓している」「ダントーニは見る目がない」「ダントーニはホモ」様々な憶測が飛び交ってはいましたが、今日の結果に文句を言う輩はどこにもいないでしょう。ありがとうブレイク!
まあディフェンスでやられていたのは事実なので、そこはもう少しなんとかしてもらいたいですけど・・・。

今日のレイカーズは二桁得点が6人、ベンチポイントが49点と非常にチームとしてバランスがとれた結果となりました。ケイマンとガソルはリバウンドを頑張ってくれましたし、ファーマーは控えながらチーム最多の7アシストを記録しています。
そんな中で、チーム最多得点をあげたのはジョディ―・ミークス。26分の出場で18得点は立派です。4Qの離されそうなところで3-pointを決めてくれたのは本当に大きい。彼に今日のMVPをあげたいのは山々なんですが、今日はブレイクがMVPでしょう。
これからも頼むぜレイカーズ!!

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ねどばる

Author:ねどばる
いらっしゃいませ。
このブログは、NBAチーム”ロサンゼルス・レイカーズ”を応援している人が、つらつらと気持ちを書いていくものです。
現在低迷中なので、プレーオフ出場を目指して精一杯応援していきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。