スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ああ・・・

LAL 100-103 WAS


落としてはいけない試合を不様に落としてしまい、HCはキレたりしてチームに不穏な空気が漂っております。
唯一の救いはUTAの不調が続いており、なんとかPO進出圏内をキープできていることでしょうか。

コービー、パウが復帰するも、試合には負け、ここ最近チームを引っ張ってきたジェイミソンが負傷。
それほど重症ではないようですが、右手首の怪我とあってか、最近好調だった3ptになんらかの影響があるでしょう。

WASとの試合も、結局はクラッチタイムに持ち込まれてたあとはコービー一本。
こちらとしては何の不満もない選択なのですが、コービー不在の間に誰がクラッチを担当するのかを見てみたかったですね。思ったより早く復帰したので、見れませんでした。


まわりにはプレミアム4(笑)だの、リーグのネタだの嘲笑われるこんなクソみたいなチーム状況ですが、私は盲目的な一ファンなので、彼らの優勝を信じて疑いません。
PO進出を目標としているのは現在も変わりませんが、進出した後のことを考えるのはやめておきます。
仮にPOへ進んだとしても、そこから先は毎試合奇跡を起こすしか勝ち目はないのです。
それだけチーム力に差がありますからね。

顔ぶれなんかを見たら、なぜ上位チームとそこまで差があるのか不思議で仕方ないですよね。
ケミストリーがどうのなんて言っていられる時期ではありませんし、ただ単純に一人一人の能力が低いとしか考えられません。

単純に見たら優勝なんか考えるだけ無駄なことなのです。

POを勝ちあがるためには奇跡を起こす必要があると言いましたよね。
一試合奇跡が起きたとしても、あと三回奇跡が起きなければ勝てないのがPOです。実力で上回っていないと勝てない。

それでも盲目的に優勝を信じることがファンですし、こんな時期から来季のことなんか考えてたらそれこそドアマットチームの考えです。
まだまだ力は残ってると思いますので、さっさと本気出してほしいです。笑


次からはロード4連戦。
この4つを負け越しでもしようものならLALは本当に弱いチームに戻ってしまったということでしょう。
私のようなアホなファンを楽しませるためにも、POへ向けて希望の持てるチームだというところを見せてほしいです。

世間はMIAの25連勝やらで大盛り上がりですね。
リーグの話題にLALがまったくのぼらないというのはいささか悲しいのですが、NBAの一ファンとして、こういった派手な話題は大歓迎です。
今のMIAはまさに近代バスケの結晶ですし、同時に彼らにしかできないバスケットをしています。
近代化の波には乗り遅れたLALですが、彼らは彼らなりに勝利の形を見つけていってもらいたい。


それにしてもレブロンは本当にすごいですね。
しばらくは彼の時代が続きそうです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

レブロンもすごいですけどコービーも相変わらずですよ。
34歳で47分とかでてダンクまでしてるし。本当にクレイジーな選手だ。

クレイジーですね。
長いキャリアでも例になかったことなので、何か起こらなければいいと思っていましたが、案の定でした。
プロフィール

ねどばる

Author:ねどばる
いらっしゃいませ。
このブログは、NBAチーム”ロサンゼルス・レイカーズ”を応援している人が、つらつらと気持ちを書いていくものです。
現在低迷中なので、プレーオフ出場を目指して精一杯応援していきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。