スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まだまだプレイオフは危ない

タイトルの通りです。
AS後の快進撃に加え、UTAの失速などの助け舟もあり、なんとかPO進出圏内に滑り込んだLAL。

前にこの記事で書いたように、AS明けの28試合を20-8で通過することを目標に頑張ろうといった話をしたのですが、あくまでこの記事を書いたときはただの希望的観測に過ぎなかったのです。

それが、ふたを開けてみれば予想以上の勝ちっぷりで。
AS明けてここまでの15試合は11-4のペース。適当に書いた予想がほぼ的中していることが恐ろしいですが、きちんと強豪には負けているので、チーム力が劇的に上がったというよりは、ようやくチームとして安定してきたのかなという印象です。

安定してきたものの、安定してしまったからこそ見えてしまったチーム力。
下位に対して取りこぼしは少なくなったものの、POで対戦するであろう上位チームに対してはすっと負けてしまう。
こればっかりは実力差なので、プロの世界ではどうしようもありません。

実際ここまで下位相手に勝ちをあげてきましたが、わりとギリギリな勝利が多かったですし、コービー独力で勝ったような試合もありました。(あくまで印象的な話です)

それでも明らかにチーム力に差がある相手には互角かそれ以上の戦いを見せてきたのです。
私が何を言いたいか、それはPHX戦のブローアウト負けは結構まずいんじゃないの?ってことです。

コービー離脱後にINDやSACに勝利したことで、チームとしてはかなり自信がついたのではないかと思います。
PHX戦の負けも、きついスケジュールと過酷なローテーションによる疲労のせいだと言えばそれまでなのですが、あそこまでコテンパンにされると不安になるものです。

直近三試合の勝因は3ptが入ったからですし、敗因も3ptが入らなかったからです。
3ptの確率で勝負が左右されることはよくあることですが、強いチームは3ptが入らなくてもドアマット相手には勝ちます。それが安定感というものだと思います。

POへの進出を目標とするならば、爆発力よりも安定した力が必要ですよね。特にLALは残りの相手がすべて強豪といったわけでもないので、同等またはそれ以下の相手に勝つための力を出すことが必要なのです。

いえまあ、コービーという選手は良くも悪くも安定をもたらしていたのですよ。
FG%は誰でも試合によって変わりますし、コービーもそれにあたります。それでも、コービーはある程度同じような得点を毎試合していたのです。これもある意味安定ですよね。
コービーが4得点のときとかもありましたよね、ああいったクソみたいな試合をする頻度は、メタやミークスやらが爆発するような頻度と同じくらいだと思います。
毎試合20~30点取ってくれていた人がいなくなれば、その20~30点を他の選手で補わなければなりません。
LALに確立した2ndオプションがいなかったことが響いています。
ドワイトがそうなってくれると思っていたのですが、肩の怪我の影響があるのか、自分でポストから得点できる力はかすんでいます。ナッシュにそれを求めるには3年前まで戻らないといけません。
メタやジェイミソンやブレイクの頑張りでなんとか得点を稼いでいましたが、それがなくなってしまうとPHX戦のような悲惨な目にあうのです。

私はPHX戦の敗因はやはり疲労のせいだとは思っていますが、いまだに計算できる選手がいないのでチームとしてはフラフラしています。
ゆっくり休んだ後のホームでのWAS戦。この試合に負けるようなことがあればPOは危ないかもしれません。

「コービーなんていらない」
LALには昔からよく言われてきたことですが、実際そう思えるような勝利をしてほしいです。
このままLALが何年も低迷するようなことがあれば、引退後もコービー・ブライアントの幻影がちらつくでしょう。それは避けてほしいです。
若いベンチ陣には、コービーのPTを奪ってやる!!といった気持ちを持って戦ってほしいですね。

私は重度のコービーファンなので、彼がいないのはやっぱり寂しいですが。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ねどばる

Author:ねどばる
いらっしゃいませ。
このブログは、NBAチーム”ロサンゼルス・レイカーズ”を応援している人が、つらつらと気持ちを書いていくものです。
現在低迷中なので、プレーオフ出場を目指して精一杯応援していきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。