スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パーカー捻挫 一か月休養の見込み

先日のSASvsSACの試合で負傷。試合自体は快勝だっただけに、この怪我は正直もったいないですね。
重度とはいっても捻挫は捻挫であり、シーズン全休というわけでもなさそうです。3月いっぱい休んで、4月に復帰して徐々に慣らしていくのでしょうね。スパーズが無理をさせることは考えられないので、彼が復帰してきたらもう全快ということなのでしょう。プレイオフは安泰なので、無理する必要もありませんしね。

今シーズンはダンカンの底知れぬ成長もあり、例年通りの快進撃を続けているスパーズ。安定した戦力を長く保つことがどれだけ大変か知っている身としては、彼らがなぜこんなにも勝ち続けることができるのか不思議でなりません。ダンカン、ジノビリ、パーカー、ポポビッチの柱は変わらず、サポーティングキャストを入れ替え入れ替えしながら強さを保ってきたスパーズ。今シーズン、もしSASからMVPが選ばれるのだとしたら、ダンカンかパーカーのどちらかでしょうが、私が審査員だったとしたらパーカーに投票するでしょうね。それほど今季の彼は良いですし、BIG3を置きながらも「彼のチーム」と言わしめたロンドのように、もうスパーズもパーカーのチームへと変貌を遂げているのかもしれません。

ここまでのスタッツは21P 7.6A FG%は脅威の53%です。チームを引っ張ってきた彼が離れるのはさすがにスパーズにとってもつらいはずです。RSの戦績はどうでもいいとはいうものの、プレイオフを見て戦うのならやはりホームアドヴァンテージを得たいものです。特にウェストの上位チームはホームに異常に強いチームばかりですからね。
パーカーの離脱で一時的に勝率を落とすようなことがあっても、復帰してから怒涛の勢いで積み重ねてくる可能性もありますし、そもそも離脱中もたいして勝率は変わらないかもしれません。いや、さすがにちょっとは落とすと思うんですけどね・・レナードの離脱とはわけが違いますし・・これで勝ち続けていたらもうおかしいですよ。笑

で、なんで私がこんな記事を書いたかというと(本題)
問題の離脱確定の3月ですが、HOUとUTAがSASと試合があります。これは一大事です。スケジュールにvsSASの文字があるのを見て安心していたというのに、一気に萎えました。特にHOUはHOUのホームでの試合なので、叩き潰してもらえると思っていたのに、残念です。ちなみにLALとの対戦は4月中旬・・・なんか不公平よ。


スタッツ見ていて気付いたのですが、ダンカン、ジノビリ、パーカーの中でフリースロー成功率が一番低いのって誰だと思います?
ジノビリでした。びっくりしました。79%はジノビリ基準にしては低いほうかもしれませんが、ダンカンのFT%が80%だって!?これはとんでもない数字ですよ、昔からしたら考えられない。
やっぱり改善できる人には改善できるものなんですね、はたしてドワイトが35歳になったとき、FT%はどれだけ上がっているのでしょうか・・・・。35歳になったときLALにいるかな?そもそもNBAにいるかな・・?

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ねどばる

Author:ねどばる
いらっしゃいませ。
このブログは、NBAチーム”ロサンゼルス・レイカーズ”を応援している人が、つらつらと気持ちを書いていくものです。
現在低迷中なので、プレーオフ出場を目指して精一杯応援していきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。