スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんじゃこの化物 : ステファン・カリー54得点

GSW 105-109 NYK

現在こそウェスト上位につけているウォリアーズですが、昨季まではドアマット中のドアマット、暗黒街道まっしぐらでした。なぜ暗黒を築いていたかというと、今シーズンの躍進を見る限りやはりカリーの体調次第だったからということなのでしょう。MVP級の数字を残しているカリーですが、足首を患っており、これまでは負傷がちでした。現に今シーズンも何試合か欠場しています。
しかし彼のポテンシャルはやはり群を抜いており、さらに今回の試合で並々ならぬ爆発力を持っていることも証明しました。この試合のカリーを見れば、トップ選手に訪れるいわゆる「ゾーン」というものがどのようなものかわかるでしょう。

54得点は今季NBAでベストなスコアだそうです。昨季はデロンの57点がベストスコアだったかな。
それではスタッツを

54P(18-28 3pt 11-13) 6R 7A 4TO

スリーポイント11本は脅威ですね、NBA記録は確か12本だったと思います。記録者?もちろんコービーです(これが言いたかっただけ笑)。

止まらない彼をHCも止められず、とうとう48分間のフル出場を果たしてしまいました。怪我しないことを祈るばかりですが、仮にプレイオフでこんな試合をできるようなことになれば、楽しいシリーズになりそうです。それにはボガットの完全復帰が待たれるところですが。

LALもGSWとの対戦があと二回残っています。どちらも勝ちたいですが、そのためにはカリーをどうやって抑えるかについて深く研究する必要がありそうです。


なお試合には負けました(コラ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ねどばる

Author:ねどばる
いらっしゃいませ。
このブログは、NBAチーム”ロサンゼルス・レイカーズ”を応援している人が、つらつらと気持ちを書いていくものです。
現在低迷中なので、プレーオフ出場を目指して精一杯応援していきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。